07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-11-25 (Fri)
 
今日は写真がありません
日本犬を鑑賞するときに顔、体躯構成、毛質その他「日本犬標準」に当てはめて鑑賞してみる
1席から10席まで自分の眼で席次をつけてみる
審査員の先生方の審査と自分の頭の中で考えて審査した席次とどんだけ狂いがあるものか、、、。
ドンピシャ当たりとなった時は嬉しい
そんなやり方で展覧会を鑑賞するのも面白い
「あの5席の犬もっと上位でもおかしくないのに」
「なんであの犬が上位にいるのか?」
そんな方法で自分の眼を養っていく、、、。
それでも譲れない鑑賞の仕方それが日本人特有の「侘びと寂」
2頭を並べて鑑賞する
片方は全てにおいて優秀
もう一方は派手さはないが飽きの来ない風貌の犬
人を引き付ける犬はどこかが違う、もう一方で地味な犬は見落とされてしまう
「粗野でなく品祖でなく、侘びと寂を持ち合わせた犬」そんな様な文章をどこかの日本犬に関わる書物で読んだ気がする
諸先輩の話を聞き、古い書物を読み、日本犬の勉強をする、それでも日本犬は解りずらい
頭の中で「自分好みの日本犬の絵が描けるかな」描ける様になればしめたもの
そんなことを昔の人から聞いた様な気がする、、、。
「未だ描けぬ日本犬の顔」、、、修行が足りません!


スポンサーサイト

6月15日生まれの仔犬がおります

>>仔犬の写真はこちらをクリック<<

牡2頭 牝2頭 牡1頭 牝1頭
父犬 鉄号 甲斐犬愛護会展覧会 壮犬2席 成犬5席
母犬 浜の一姫号 今回初産です
横浜狩場荘ホームページより お問い合わせください
お電話でのお問い合わせは 090-3338-8378(10時より17時まで)
よろしくお願いいたします
※残り牡1頭となりました引き続きよろしくお願いいたします

横浜狩場荘サイト
狩場荘サイトへ

クリックお願いします
 
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へにほんブログ村
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する