09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-17 (Sat)

あれから同期の5人に電話をしまくった、、、。
答えは全員からOKの返事をもらった(ありがたい)
「同期会もいいけれど奴の様子を見て来い」という意見、さっそく奥様に電話した、、、。
「いつも東京の事務所に居ますのでどうぞ」
東京は千駄ヶ谷駅での待ち合わせ、初老の御夫人(失礼私より下でした)と40代?の男性が黒のワンボックスでお出迎え、私の風体を言っていたのですぐ判った様です
車で約15分か20分、ビルの3階、応接間に通された、、、。
眼のギョロっとした男が現れた、頭は寂しくなっていたが奴だ、、、。
何にも言えないで涙が出た、、、。
お互いに 「元気か」、、、。
「元気じゃないよ、癌だって、あと半年だって」
奥様の話だと完治はしないけれど、手当をすればまだよくなる方向へは行くようです
息子さんが後を継ぎ奴は今では会長さん(迎えに来てくれた方が息子さんでした)
「息子さんの地盤が定着するまで頑張らなくっちゃだめじゃんか!、病院へ行け、お前怖いんだろー、」黙って下を向いていた
お前が逝っちゃうと皆困るから、同期会もまだやった事無いから、病院へ行けよ!
「行くよな、、、」しぶしぶうなずいた!
「珍しいやつを電話で呼ぶから、、、。」
「O君、河内、今東京に来てる、奴と変わるから」電話を代わって暫くすると「行くよ行けばいいんだろ」にこっと奴が笑ってた

其れからは何か吹っ切れたように昔の事をべらべらしゃべりだした
俺の思い出はお前に喧嘩を売られた事だ「ちっちゃいのにコイツと思った」「ちっちゃいだけ余分だ、原因はお前が悪い」、、、。
奥様を指さして「こいつ知ってんだろー」
私もしばらく考えこんで「わからないからヒントを出せ」
北海道のOOOOのOO子!
私は驚いた(慣れ染めの原因はブログでは書けません)

「昼飯も夕飯も食べてってくれ」
「俺夜勤のバイトがあるから」
「休んじゃへ、俺が電話に出ようか」
「お前が出るとややこしくなるからいい」、、、という事でバイトはさぼり近くのホテルに一泊した(息子さんが予約してくれました)、奴も一緒に(息子さんも心配で泊りました)
40余年が過ぎました、たった4年の付き合いだけど男同士はいいですね、すぐに元に戻る

約束してくれました、必ず病院へ行くって!
同期会は奴の体調次第、できれば群馬の伊香保の旅館、ダメなら東京の何処かで、その時をみんな楽しみにしている
奴には了解済み「同期会は6月中」にお前が居なけりゃ永遠に中止だ!

用事があったらいつでも来るから、、、じゃあな翌朝10時に家路についた




スポンサーサイト

横浜狩場荘サイト
狩場荘サイトへ

クリックお願いします
 
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へにほんブログ村
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する