個別記事の管理2014-08-01 (Fri)
001_convert_20140801101314.jpg                                       黒錆
002_convert_20140801101414.jpg黒錆の中に赤錆が
004_convert_20140801101505.jpg先ずは錆止め
005_convert_20140801101600.jpg上塗りタッチアップ

犬舎も長い間には痛みます
特に見えない部分は手入れが疎かになりがちです
床板を取ると薄っすらと、黒錆が視えます、良く見ると赤さびも発生しております、部材には表面処理をしておりますが、水洗い後の水掃けの問題や牡犬の小便(アンモニア)他で思いのほか痛んでいるものです
水洗いをしてブラシをかけ、錆止めは濃く、上塗りは薄めに塗りましょう(長く放置するより早めに、厚塗りが良いわけではありません、厚塗りし過ぎると部材と塗料の隙間に浮きが出来、部材の劣化が確認できないことがあります)
上塗り用のシルバー色が無かったのでホビー用の白にちょっと黒を入れ薄いグレーに、床板を取りつければ見えなくなります
時間と予算があればエポキシ系の錆止めを塗り、ウレタン系の上塗りを塗布すればもちもなおさら良くなります
スポンサーサイト

6月15日生まれの仔犬がおります

>>仔犬の写真はこちらをクリック<<

牡2頭 牝2頭
父犬 鉄号 甲斐犬愛護会展覧会 壮犬2席 成犬5席
母犬 浜の一姫号 今回初産です
横浜狩場荘ホームページより お問い合わせください
お電話でのお問い合わせは 090-3338-8378(10時より17時まで)
よろしくお願いいたします

< ここまで -->
横浜狩場荘サイト
狩場荘サイトへ

クリックお願いします
 
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へにほんブログ村
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する