09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-11-18 (Tue)

2日目の朝が来た
うれしくて、こんなに楽な気分になったのは久しぶりだ
境内を清掃、朝のお勤めの真似事、新鮮な一日の始まりだ
友人の和尚から「これとこれを調べておいてくれ、、、守護霊が知りたいんだろ!」
手渡された便箋にいろいろと書き込んだ
「帰りまでにちゃんとしとくから!」
新住職が若奥さんとお出かけだ「ちょっと出掛けて来ます、父と日帰り温泉でもどうですか」
「行こう行こう」2人で出かけようとすると奥さんが「私も行く」そんなことで急きょ日帰り温泉へ
ビールで乾杯「俺飲めないから奥さんどうぞ、車、俺が運転するから」、河内さんが飲んでもいいって飲んじゃうわよお父さん」、、、。
旧友ていいもんだ遠慮もいらないし自分をさらけ出せる
寺に戻ったのが夕方6時ころか?
「おい、少し勉強するか」
「飲んでて大丈夫か」
「俺はこの道のプロ、上の空でもお前の返答くらい出来るは」
そこで愚にもつかない愚かな事を質問(ブログでは書けないが)
一つ一つ答えてくれた
しかし最後に一言「お前の聴いている事は実際には無だ、だが一般では信じ込まれている、それが俗世、遊びも無いと息がつまる、それを答えてやるのも仏の道!
「云ってくれるじゃねえか、愚かな友を持ってお前は幸せだ」
「そんでもお前みたいに攻めてくる奴は滅多にいない、おれも楽しんだよ」
「そんじゃあ、守護霊のこと教えてくれよ」
「帰りまでにちゃんとしておく、心配するな、、、守護霊はいるよ!」
「ちょっと触りだけ、2人いるよ、、、信じようと信じまいとお前の自由、ありがとな無理に泊めちゃって、また来てな暇だからさ」
「横浜にも来てくれよ、奥さんと二人で」
三日目の朝が来た、境内を掃除して、お勤めを終え、朝食をいただく、、、。
「お前法話のお布施あんなに包んでもらってよかったのか、気を使ってもらって!」
「これからもたまに来るからさ、宿泊代と授業料、お前の引退記念、安いもんだ、一生来れるからな!」
奴が封筒を差し出した、、「、約束の守護霊様だ」
「短気は損気「生霊」には気をつけろ」
「じゃあな、奥さんお世話様」
家に無事着いた、封筒を開いた(よくもここまで調べやがってあいつの洞察力には驚いた)、、、。
女房にも見せた、「あんた顔色が良くなったみたい100歳まで生きるんじゃないの」
気が抜けた、軽くなった
このお話はこんでおしまい!

ホームページちょびっとリニューアルですよろしかったら覗いてみてください!








スポンサーサイト

横浜狩場荘サイト
狩場荘サイトへ

クリックお願いします
 
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へにほんブログ村
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

確かに * by ポン太の責任者
生霊は怖いですよ~
短気は損気!これも同感
良いお友達をお持ちで羨ましいです

HPのポン太の写真がよく出来てました
今度カメラマンを褒めてあげて下さい(笑)

ポン太がんばれ! * by 横浜狩場荘
あと半年で春展、ご家族みんなでポン太を応援してやってください
それがポン他の励みとなります!

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する